不動産の噂

白い壁の家

噂ではなくリスクに注意が必要です

バブル経済崩壊以降長く続いた日本経済において、雇用環境や収入が不安定になっている社会構造が継続しているため将来への自己防衛手段として投資意欲が高まっています。こうした経済環境の中で都市綜研インベストバンクの不動産投資商品は人気を集めていますが、数々の噂も生んでいます。 代表的な噂は都市綜研インベストバンクの不動産投資商品の利回りが高過ぎると言う内容です。噂の根拠は他者の類似商品と比べて利回りが高い点にあります。しかし、非常に行政の監視が厳しい日本において長年にわたって商品販売が継続できていることからその信頼性は推測できます。当然、投資ですからリスクには注意が必要ですが、都市綜研インベストバンクが投資先を厳選して利回りを確保していると言うことが噂の真相です。

リスクを低減することが可能です

日本における不動産は非常に高額な取引対象うです。そのため、直接的な不動産投資にはその価値に見合った総合額の資金が必要になることが一般的です。しかし、都市綜研インベストバンクは不動産を証券化することで、少額で気軽に投資する不動産投資商品を開発しました。 不動産を証券化すると言うことは不動産価値を小口化して投資家を広く募集することを可能にしています。投資家は小額での投資参加が可能な一方で、その分投資先を広げることが可能になるので一投資案件に対するリスクを低く抑えることが可能になります。従来は金融機関への預貯金が一般的であった日本では低リスク投資が好まれる傾向にあることが、低金利社会における投資先として都市綜研インベストバンクの商品が人気を集めている一因です。