利便性の向上

マンション

対応業者が増加しています

これまで不動産投資の相談は、不動産投資を専門に取り扱う事業者でしか対応してしておらず、投資する方も富裕層といった資産に余裕がある方が中心でした。 しかし、近年では富裕層ではなく、一般的な所得の方から30代前後の若年層が投資を始める傾向があり、需要の拡大から対応する不動産会社も多くなっています。特に大手の事業者ではこれまでは海外事業部などの専用部署でのみ不動産投資に対応していましたが、最近では通常の店舗やホームページでも投資用の物件を公開しており、海外の物件も日本にいながらでも確認でき、契約することができるなどの利便性が上がっており、気軽に相談できる環境が整っています。 さらに相談も大規模な相談会なども開催されるようになっています。

相談機会の増加です。

今後の不動産投資の相談についての動向の予測は、海外への不動産投資が増えており、海外の不動産投資に対応した相談のイベントが開催が更に増えると考えられます。現在は、円安傾向になっていますが、海外は今後もアジアを中心に高い成長が見込めることから投資を行う方が多く、特に日本人も企業が海外に積極的に進出しているので、日本人用の賃貸物件として運用することで安定した収益を期待できるとして投資を始める方が多いです。 このため情報を求めることも増えており、相談できる窓口も増加傾向にあります。これまでは不動産投資を専門とする事業者などが主に対応していたが、最近では通常の不動産会社でも取り扱い、ネットでも相談することができ、今後も相談できるサービスが拡大することが予測されます。